意外とよくあるシャワーの水漏れ

入浴の際はたっぷりのお湯を楽しみたいですが、バスルームの中でもシャワーは毎日のように使用する部分です。
洗髪や身体を洗う際には頻繁に利用しますが、それゆえに水道関連のトラブルも起きやすくなっています。
水漏れは特に多いトラブルとなっていますが、放置しているとさらに悪化し、無駄に水道代が掛かることもあります。
快適に使うためにもその防止策も知っておきたいところです。
なぜ水が漏れるのかその原因も知り、それぞれに合う対策で改善を目指していきましょう。

シャワーの水漏れ防止策特集!

シャワーの水漏れ防止策特集! シャワーは洗髪の際や入浴時には欠かせない存在ですが使用頻度も多いこともありl水漏れなどのトラブルが起きやすい部分です。
水漏れなどのトラブルを防止するためには、乱暴に扱わず、丁寧に使っていきたいですが、それでも経年劣化は進んでいきます。
シャワーヘッドから水がぽたぽた落ちている場合は残留水が落ちているだけのことも多く、この場合は特に修理は必要ありません。
水がいつまでも落ちている場合はバルブやヘッドが故障している可能性がありますので、部品の交換などで対応してみましょう。
簡単な故障であれば、部品を購入して自分で直すこともできますが、場合によっては大掛かりな工事が必要となることもあります。
対応が難しい場合は専門の業者への依頼も考えていきたいところです。

よくあるシャワーの水漏れと、防止・修理方法の例

よくあるシャワーの水漏れと、防止・修理方法の例 シャワーからの水漏れにはいくつかの原因があり、漏れ方や場所によって判断することができます。
例えば、シャワーヘッドから漏れている場合は、止水スイッチのパッキンの老朽化が考えられます。
パッキンは部品の間に挟まって漏れを防止するものですが、古くなると硬くなって密着しにくくなり、隙間ができてしまうため、水が通ってしまいます。
この場合はパッキンを新しいものに交換すれば漏れを防止できます。
水を止めてからの漏れが一時的で、数秒程度で止まる場合。
これは構造上、止水スイッチより先にある水を止めることができないために、シャワーヘッド内に残った水が流れ出ているだけで、故障ではありません。
シャワーとホースの間、あるいは水道とホースの間から漏れている場合、パッキンの老朽化やホースの亀裂、部品の弛みなどが考えられます。
パッキンが原因の場合は交換すればいいです。
ホースに亀裂がある場合も、新しいホースに変えるしか手はありません。
金具などが緩んでいる場合は自分でしっかりと絞めることで、簡単に直すことができます。
この三つは、見た目では同じような場所から漏れてくるので、自分で修理する場合は、よく確認してから行いましょう。
自分で修理するのありですが、自信がない場合は専門の業者に依頼するのが確実です。